里山発電

TOP > 事業案内 > 里山発電

「里山発電」とは…

中山間地域等で農業と太陽光発電を同時に行うことです(「ソーラーシェアリング」®)。

※(株)ルネサンスエコファームでは、商標「里山発電」を取得しています。
※「ソーラーシェアリング」®につきましては、専用ページをご参照下さい。

「里山発電」の意義

「里山発電」の里山とは、大自然と人の住む所の中間に位置するところを意味します。昔は民家の裏(近く)にある山の田や畑に、人が手を加えることにより収穫を得ていました。それは野生生物が人里に入り込むのを防ぐバリアーの役割にもなっていましたが、最近は離農が進み、山裾の農地は耕作放棄地となり、藪など、野生生物の住処となっています。
そこに、太陽光発電設備を置くことにより、耕作放棄地を農地として活用することで、里山機能を取り戻すことを目的としています。
(株)ルネサンスエコファーム代表取締役 中村鉄哉
ダイヤモンド社より書籍「里山発電」を好評発売!!

【書籍「里山発電」について】
・全国発売日 2014年10月14日
・販売店舗 全国書店
・価格 1,620円(税込)

※左の表紙画像をクリックすると、書籍の目次・冒頭が表示されます。